品格研究所

behavior

Behavior
ふるまい

「仕事ができる男」になるために、やめることとやるべきこと

仕事をしている人にとって、「あいつは仕事ができる!」というのは最高の誉め言葉ですよね。

しかし、実際に『仕事ができる男』になるには時間も労力も膨大にかかります。

また、ある人の評価では仕事ができると評判の人でも、別の人から見たら「え?あいつが?」ということも往々にして起こります。

それほど人の評価というのはあてにならないものなのです。

『仕事ができる男』になるのは難しい。

人の評価もあまりあてにならない。

そんな中で手っ取り早く「あの人仕事ができそう!」と周りから思われるにはどうしたらいいでしょうか。

仕事ができる男は、どんなことをしているの?

仕事ができる男は、仕事以外でどんなことをしているのでしょうか。
自己啓発、セミナー参加、資格の勉強、英会話、読書、ジム通い、社内外コミュニケーション…?
想像しただけでもハードルが高そうですし、時間もお金もかかりそうです。
仕事ができる男になる前に、会社員生活が終わってしまっては元も子もありません。

実際には仕事がそれほどできなくてもいい。大事なのは「雰囲気」

高いハードルを乗り越えて本当に仕事ができる男になったとします。

しかし、そのあとは「あいつは仕事ができる男だ」という評価をしてくれる人が必要になってきます。

それもひとりだけではなく、なるべく多くの人から「あいつはできる!」と言ってもらわなければいけません。

…考えただけで気が遠くなりそうですよね。

しかし、『仕事ができそうという雰囲気』をかもし出すことなら、自分からできるような気がしませんか?

Fake it till you make it!

私の好きな言葉「Fake it till you make it.」を紹介します。

「本当にそうなるまでそのフリを続けなさい」という意味です。

そうです!

あなたは実際に仕事ができる男になるまで『仕事ができる男のふりを続ける』だけでいいのです。

これは特に転職したての人や、異動したての人には有効な手段です。

しかしある程度社歴のある人なら、あなたの評価はなんとなく広まってしまっているのもまた事実。

「仕事ができるフリなんて今さらできないよ~」という人もいるかもしれませんね。

しかしそんな状況のあなたであっても、今から『仕事ができる男のフリ』を始めることには大いに意味があるのです。

どうやってイメージを変えるか

『仕事ができる男のふり』を本気でしていると、「俺は仕事ができる!」という自己暗示がかかります。

そして、その自己暗示を続けていくうちに、本当にそうなっていきます。

(「自己暗示」や「脳科学」などで検索して調べていくと、その効果が科学的に証明されていることがわかります)

ではどうやって『仕事ができる男のふり』をするか。

それにはあなたの全体的なイメージを変えることが必要になってきます。

あなたは、仕事で身につけるものをどうやって選んでいますか。

スーツ、シャツ、ネクタイ、鞄、靴、ペン…

男性に多いのが「特に考えていない」「紳士服売り場に売っていたから」「いつもと同じ」です。

いつまでも「特に考えず」「そこに売っていて「いつもと同じ」だからと選んでいたら、あなたのイメージは永遠に今のままです。

もし今のイメージを変えたいと思うのであれば、それを思い切ってやめることです。

目標を定める

いきなり今までのものをやめろと言われても、その次にどうしたらいいかわからないかもしれませんね。

そういう場合は、『仕事ができる男のイメージ』を頭の中に描き、常に判断基準をそこに置くのです。

あなたの周りには、あなたが憧れる『仕事ができる男』はいますか。

もしくは、芸能人や映画俳優などでいかにも仕事ができそうなイメージの人はいますか。

そういう人を参考にしてみてください。

そして、仕事で身に着けるものを新調したり、髪型を変えようとする時は、必ずそのイメージに合うものを選んでください。

「これを身に着けたら仕事ができる男に見えるか」

「仕事ができる男に見えるのはどっちか」

という基準で、すべてを選んでいくのです。

過去のお客様の中には、一歩進んで

「“仕事ができる男の体型”になりたい」

という人まで現れましたね。

人はイメージできないものには、なれないものなんですよ。

 

まとめ

「仕事ができる男」になるために、いち早くしなければならないこと。

それは、「本当に仕事ができるようになる」ことではありません。

今まで自分についているイメージを払拭し、仕事ができる男という雰囲気を作り出すことなのです。

そういう自分になりたい、なるんだと自己暗示をかけることが、「仕事ができる男」に見え、自信へとつながっていきます。

PAGE TOP