品格研究所

diary

Diary
日々の活動

【セミナー開催報告】上司に媚びずにライバルに差をつける方法

こんにちは。

品格コンサルタント、竹内やよいです。

去る9月26日に、元外資系上場企業役員秘書が教える「上司に媚びずにライバルに差をつける方法」と題するセミナーを行いました。

この日は、7名のビジネスパーソンにお集まりいただきました。

たまたま職種が総務、営業、マーケティング等と分散し、また年代も30代~50代ときれいに分散していました。

私も会社組織に属していたのでわかりますが、仕事に対して抱えている悩みは本当に人それぞれです。

その中でも、職場での人間関係に大きく影響するのが、コミュニケーション方法です。

「コミュニケーション」というと、どうしても「言葉」に注目がいきますね。

しかし、私のセミナーでお伝えしているのは、「言葉」によらないコミュニケーション方法なのです。

例えば、表情、ゼスチャー、服装、髪型、しぐさ、雰囲気…といった部分です。

実はコミュニケーションにおいては、話の内容そのものよりも、表情やゼスチャー、しぐさ、声のトーンといったところが重視されるということが、数々の実験で照明されています。

このことにまずは気づいて、そして意識することが大切なのです。

言葉のやりとりは相手がいなければ練習できませんが、非言語のコミュニケーションは相手がいなくても練習できます。

私のセミナーでは、この非言語コミュニケーションのワークを取り入れていますが、みなさん真摯に取り組んでくださいました。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

PAGE TOP